ドイツ新婚旅行日記⑩ミュンヘン観光

ぜひシェアを!



2週間、新婚旅行でドイツ一周してきました。
ガイドブックやインターネットで事前に調べて行ったのですが、
やはり現地で困ることの方が多く、
たくさんのブログでの情報に助けられました。
なので私もドイツだけじゃなく、今後海外旅行に行く人のお手伝いになればと思い、
このブログで少しでも詳しく書いていければと思います!



ドイツ新婚旅行日記-はじめに

昨日(ドイツ新婚旅行日記⑨ミュンヘン観光)はミュンヘン中心地を観光し、
今日は郊外のニンフェンブルク宮殿に行きます。

ホテル近くのミュンヘン中央駅から17番トラムで一本、との情報。
その乗り場へ移動しました。
しかし17番トラム含め駅からニンフェンブルク宮殿方面に向かうトラムが全部運休ガーン
写真撮ればよかった…12月までだったかな?
なので地下鉄とトラムを乗り継いでなんとかニンフェンブルク宮殿の最寄りトラム駅に。

この最寄りトラム駅から宮殿が見えません。油断してたら乗り過ごしちゃいます。
トラムから降りて、宮殿は?見えなくない?とキョロキョロしていると
おばあちゃんが肩を叩いてきました。
「キャッスル?キャッスルならあっちあっち!」と教えていただきました…ありがとうございました!

にしてもさみい。この日の最高気温10度で曇り。寒い。

そしておばあちゃんが教えてくれた方向に歩くこと10分ほど…

見えました!ニンフェンブルク宮殿!
手前には湖なんじゃないかってくらい大きい水堀(って言っていいのかな?)
白鳥がいっぱいいました。


もっと近づいて一枚


宮殿内部と、馬車博物館を一緒に見られるチケットを購入。



広間と、そこから見える宮殿正面側の景色です。
写真NGなのか、美しすぎて撮るのを忘れたのか、写真があまり残っていません。
人気観光地というのに、人もあまり多くなく、スタッフさんも親切で
ゆっくり気持ちよく回れました。
修復などで宮殿内はあまり展示物などボリューミーでなかったと思います。


そのあと行った馬車博物館。
こちらは物好きが行く博物館なんでしょうか、博物館内に全然人がいませんでした。
でも個人的にはこっちのが印象に残っています。




かっこいい…
馬車のスケールはもちろん、細部までこだわった装飾、刺繍。
馬車だけでなく、馬に着せた装飾もあり、
つないだ縄、使った鞭、当時の馬の肖像画までありました。
狩りに使ったそりなども展示。
そして独特なにおいの室内。何度行っても飽きないと思います。

十分堪能したあとは裏庭?に移動。
犬の散歩をしているおじいちゃん、ランニングしている夫婦、
大都市ミュンヘンとは思えないくらい静かでのんびりした場所でした。
寒かったですけど。

ここでとうとう曇りから雨に天気が崩れました。
くっそーー

帰りはまたトラムと地下鉄を乗り継いでホテルへ。
今日も疲れました。

雨に濡れて10日目が終了しました。
もっと天気よくて温かかったらなー

この次の日はいよいよ、ドイツ旅行一番の目標、お城巡りです。
この日ミュンヘンめっちゃ寒かったのに、また北へ向かいます。
アルプス山脈…教えておじいさんみたいな草原を楽しんできました。
いざ!フュッセンへ行きましょう!
次回をお楽しみに!



質問やもっと詳しく知りたいことなどありましたらぜひコメントなどもお願いします。
みなさん!ヨーロッパ旅行するならぜひ!ドイツへ!

応援よろしくお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ぜひシェアを!

Twitterもよろしくお願いします。広告をクリックしてくれたら泣いて喜びます。