ドイツ新婚旅行日記⑬天空の城・ホーエンツォレルン城

ぜひシェアを!


2週間、新婚旅行でドイツ一周してきました。
ガイドブックやインターネットで事前に調べて行ったのですが、
やはり現地で困ることの方が多く、
たくさんのブログでの情報に助けられました。
なので私もドイツだけじゃなく、今後海外旅行に行く人のお手伝いになればと思い、
このブログで少しでも詳しく書いていければと思います!



ドイツ新婚旅行日記-はじめに

ドイツ新婚旅行日記⑫ノイシュバンシュタイン城
↑前日ノイシュバンシュタイン城に行きました。
そのあとはフュッセンからシュトゥットガルトという都市に移動。
シュトゥットガルトは車大好きさんにはたまらない都市です。
メルセデス・ベンツ博物館にポルシェ博物館があり、
ダイムラー、ポルシェやボッシュなどドイツを代表する世界的な企業の本社もあるのがここ。
行ってみても、働く人のための街って感じでした。
そして泊まったホテルはいつものインターシティ。
IntercityHotel Stuttgart
なんとこのホテル、駅と直結。外に一歩も出なくていい。
しかも!ホテル入り口の目の前に大量のコインロッカーが!
次の日チェックアウトしたあとコインロッカーに荷物を預けてホーエンツォレルン城に向かうため、
コインロッカーを使用したのですが、コインロッカーどこだろう?空いてるかな?なんて心配する必要が一切なかった…
私たちのためにあるようなホテルでした。

一晩寝て、いよいよこの旅行内で最後の観光地「ホーエンツォレルン城」に向かいます。
シュトゥットガルトからの道のりは長いです。
シュトゥットガルトからお城の最寄り駅ヘッヒンゲンというところまで行くのに電車で1時間。


!注意!
このシュトゥットガルトからヘッヒンゲンまでの電車、途中で前の車両と後ろの車両で切り離され、
後ろの車両に乗っているとおいて行かれますガーン
いやー確かにね、前の車両と後ろとで、電光掲示板の表示が違ったなーなんて失敗してから気づきましたよね…
乗ってた車両、ガラガラでしたし。
置いて行かれた身です。
なんか途中駅に随分長く止まるなーと思っていたら、見回りに来た駅員さんが「?」って顔で
「あれ?降りて降りて、ヘッヒンゲン?あー!この車両じゃない!降りて前のに乗って!」
と教えてくれ、降りたら…
前の車両が出発してましたorz
oh…
そこに別の駅員さんが「どこに行きたいの?」と話しかけてくれたのでヘッヒンゲンと答えると
もう出発して小さくなってく電車を指さし…知ってる。我々知ってる。
Sorryって言ってくれたけどお兄さんのせいじゃないよ…
まあ早めにホテル出たからね、時間には余裕があったのでいいんですが。

もう一度電車に乗り、やっとこさヘッヒンゲンへ。
駅からめっちゃ遠くですが

見えますか?もうお城が見えます。テンションMAXです。
ここでバスを待ってお城へ向かいます。
しかし駅からお城へのバスの本数がめちゃくちゃ少ない。
事前に調べて早めにヘッヒンゲンに来たのですが、待てる待合室的なものも見当たらず。
カフェが1店あったのですが、なんか顔見知りしか入れないような個人が経営してる感じです。

他にお店もなく、どうしようかーと悩んでいると
インド人のおじさんに話しかけられました。
お城に行くならバスで、バス停はここだよ、教えてくれました。が、知ってます。照れ
でも時間をつぶせるスポットなど見当たらないのでタクシーでもう行ってしまおうと思い、
そのインド人のおじさんにタクシーを呼びたいんだけど、タクシーの電話番号を知らない、教えてくれないかとお願いしたところ、
なんと教えてくれただけでなく電話までしてくれました。
電話をしてくれている最中にそのおじさんが待っていたバスが到着。
バスに乗りながらタクシーを呼んでくれたらしく5分で駅に来てくれるよとバスの中からジェスチャーで伝えてくれました。
まともにお礼もなにもできなかった…本当にありがとうございました。
ドイツ語が書ければTwitterかなんかで発信できるんですが。
本当にありがとうございました。

待つこと5分、1台のタクシーが到着。
運転手「ゴリヨウデスカ?w」
日本人慣れしてやがるw
電話もらってきたよ、城だね?はい。なんて会話しながら乗り込みます。
バス以外で旅行中初めて個人が運転する車に乗ったのですが、
運転が荒いのか、スピードが出てるのか、めっちゃ怖かったです。
窓からの景色がこちら。


どんどん近づいていきます。
天気が良くてよかったね、なんて会話もしながら、
怖い運転するタクシーに怯えながら、タクシーで約10分。

タクシーの運転手さんに名刺をもらって、お城ふもと付近に到着。ここからはシャトルバスで城入り口まで行きます。
乗りのいいおっちゃん運転手、一人3ユーロだよと教えてくれました。
大きいお札しかなかったのでシャトルバス駐車場にあるお土産屋さんで日本語パンフレットを買い、崩し、
シャトルバスでGO。
このシャトルバス、運転手の気分で出発時間が決まります。
めっちゃ急な斜面登って、城入り口に到着。

チケットを城の入り口で購入していよいよ入場。

はえ~~~~~~~~~~~~
うへ~~~~~~綺麗、なんだこれ、昨日は昨日でノイシュバンシュタイン城でテンションMAXだったけど
こっちもこっちでやべえ。
正直こっちの方が好き、しかも観光客が少ない。ゆっくり見れる、うれしい。












もう見てもらえればわかる通り、天空の城と呼ばれるよねええと納得。
綺麗、すごいしか言えません。

プロイセンブルー…かな?


ドラクエ知ってる人にはわかるネタ。踏みたい。


犬のビストロ。(枯れ葉入ってますが)

ホーエンツォレルン城もノイシュバンシュタイン城みたいにガイドさん付で20人1グループで回れるチケットがありましたが、
前の日でそういう形式の見学はもういい、と思い、城外のみのチケットで回りました。
中も見たらよかったんですけど、城外でも十分興奮できました(変態)
日本人ツアー客とばったり、楽しそうでした。

帰りはシャトルバスを使わず、徒歩で駐車場へ。
駐車場からはシャトルバスの運転手さんに同じタクシーを呼んでいただき(これもめっちゃ助かりました、ホントにありがとうございました)
同じタクシーで駅に帰りました。

帰りのタクシーから見たお城です。


じっくり見れて、あっという間でした。
色んな人に助けられる一日でした。

このあとはヘッヒンゲンからシュトゥットガルトまで戻り、コインロッカーの荷物を回収。
帰りの飛行機のため、フランクフルトに戻ります。

あっという間でした。旅行。今日だけじゃなく。
途中日本食が恋しくなるかなと思い、お湯で作れる味噌汁を持って行ったのですが、お世話になることはなかったです。
2週間、テロや移民など色々聞きますが、本当に何も問題もなく、最初で最後の都市フランクフルトに到着。
次の日は日本行きの飛行機に乗ります。

1日目。ありがとうございました。
フランクフルトを少し観光してから日本に帰ります。

質問やもっと詳しく知りたいことなどありましたらぜひコメントなどもお願いします。
みなさん!ヨーロッパ旅行するならぜひ!ドイツへ!

応援よろしくお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ぜひシェアを!

Twitterもよろしくお願いします。広告をクリックしてくれたら泣いて喜びます。